夏目漱石は愛嬌は手ごわい相手を倒す武器という

どこか憎めない、どこか可愛気がある

こんな好感度を相手に与えたら・・・

争おうとせず、落とし込もうとせず

なにか感じるものはありませんか・・・・