今日は福島第一原発にいってきました

原発付近の南相馬市付近は特に凄かったです。

スーパーや、カーディラーは綺麗なまま誰も居なく、駐車場には草が生えゴーストタウンそのもの

田んぼには、雑木が生えているところが多く、その付近の復興は不可能だと感じました。

少し離れた付近の方とお話をしたら、家に戻ることが出来るようになった!住めるようになった!という方がおられました。しかし、二階には住むな、なるだけリビングなどで寝るようにと言われたそうです。

原発の内部やその付近は物々しい警戒で、原発の敷地外で一旦車を乗り換え、携帯電話も置いていくという徹底ぶり

1号機から6号機まで全て視察させて頂きましたが、300マイクロシーベルトを超えているところがあり驚くとともに、そこで作業している方が数千人いることに信じられないの一言でした。

個人的には、地元電力会社より圧倒的に雰囲気の良い東電社員の方ばかりのイメージでしたが、既に8年目に入っていることもあってか、反省しているとか、そういった感じはしませんでした。

 

放射能に汚染されていない津波の被害があった地域は、驚くほどの復興ぶりで凄いなーと思いつつ、目に見えない苦労が続いているかと思うと、甘えている自分に反省もしました

 

ある意味、自然災害は仕方ないと思います。がしかし、それに伴って原発事故などあってはいけないし

 

私は、原発事故は事故ではなく事件だと思います。

 

原発は低コストで便利だと思うし、全てを直ぐ廃炉にするのは経済的に難しいかもしれません。

でも、こんなに技術が進んでいる世の中で、原発や化石燃料に頼ろうとする日本の政治は間違っている

 

いつかきっと、東北にまた行き自分に出来ることをやります

 

ps,東北の為に原発の近所で大きな太陽光を付けたという会社さんがおられました。本当に東北の為なのか・・・売電単価がどうだなんて言うこと自体、自分の為だろ

言葉使いの悪いコメントでごめんなさい