必要な存在に私は憧れる

無視されたり、不必要と思われたら

辛いだろう

嫌がらず期待維持用の成果を出し、約束を守る

これが私のルールだ