今日、明日の朝ごはんをタイマーで炊こうと米櫃をあけました
するとお米が少ししかなく、一合に満たない程度でした

昨日まではないならパンでも良かったのですが
明日から三男が二学期なので炊かないわけにはいきません

買いに行くのが面倒だなー・・・
と考えていた時、昔の記憶がよみがえりました

たしか、23歳のころ
同じく、米櫃にお米がなかった時のことです。
買わないといけないけど、お金がなく買えなかったのです

あまり深く考えず実家が農家だったこともあり
父親にお米頂戴と頼みに行きました
すると親父は[お前にやるコメはない]
と追い返されました
あの時の悔しさがよみがえってきました

当時は親父を憎んでしまった自分がいました。
ようやく今になって、あの親父の言葉が今の私を作ってくれたと
遅すぎましたが、今日の今日まで感謝の気持ちが持てなかった自分がいます。

もう親父が死んで5年が過ぎました。

明日からまたがんばります